テクノロジーニュース

レッドブル、ホンダのF1エンジン継続に前進「正しい方向に進んでいる」 【 F1-Gate.com 】

レッドブル、ホンダのF1エンジン継続に前進「正しい方向に進んでいる」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンを継続するために必要なF1エンジン開発の凍結にチーム間の関する議論が見られていると語る。

ホンダが2021年シーズン末でF1を撤退すると発表した後、レッドブルはホンダのF1エンジンの知的財産権を引き継いで独自にエンジンプログラムを行っていくことが最も好ましい選択肢だと語っている。

しかし、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが語るよりも、それにはグリッド上の全てのチームが2022年からF1エンジン開発の凍結に同意した場合にのみ可能となる。

「我々には少ししか時間がない。解決までの時間は18か月足らずだ」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 に語った。

「しかし、詳しく調べるほど、実際に機能するオプションは1つだけであり、それはホンダのF1エンジンの知的財産権を引き継げるようにホンダと合意することだ」

「だが、もちろん、それにはレギュレーション次第となる。レッドブルが事実上そうであるように、独立したエンジンサプライヤーにとっては、エンジンが凍結された場合のみ意味がある」

「これらのエンジンで現在進行中の類いの開発に資金を提供することは不可能だ。新しいエンジンが導入されるまで、これらのパワーユニットでエンジンが凍結する必要があることが絶対的なに基本だ」

メルセデスはこの措置に同意したが、フェラーリとルノーはこのアイデアに固く反対しており、当初、実現は不可能だと考えられた。

そして、それは、合意に達しない場合、レッドブル・レーシングとアルファタウリの両方がF1から撤退するとの話に繋がった。

しかし、ヘルムート・マルコは、F1エンジン開発に関しての議論に進展が見られており、F1撤退の可能性は低くなっていることを示唆した。

「開発の凍結なくして、我々は複雑なテクノロジーを使用することはできない。それを行うためにはさくら市にあるホンダのような開発センターが必要となる」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

「議論は継続されており、我々は正しい方向に進んでいる」

Auto Motor und Sport によると、フェラーリとルノーは、2021年シーズン末ではなく、冬の間のエンジン開発を可能にする2022年シーズン序盤という条件でのF1エンジン開発の凍結を積極的にサポートしていると報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button