ライフスタイル

【大人気の「ステーキランチ」がレギュラーメニューに】TORO TOKYO の平日ランチ営業が本格スタート|アークランドサービスホールディングス株式会社のプレスリリース

TORO TOKYOの1月12日(火)からのランチメニューでは、ハラミ、リブロース、テンダーロインの3種のステーキ、タコス4種、シュリンプメキシカンコブサラダ、牛肉と温野菜・アボカドのブリトーと、お一人様やお仕事の合間のランチでも利用しやすいラインナップと価格でご提供いたします。

ステーキイメージステーキイメージ

【ランチメニュー概要】
平日ランチ(11:00~14:30、LO14:30)

<ステーキランチ>

  • ハラミステーキ(ライス付き) 200g 800円 / 300g 1,200円

内臓系の部位でありながら赤身肉に近い食感で、牛肉本来の濃い味わい
 

  • リブロースステーキ(ライス付き) 200g 1,200円

肩ロースとサーロインの間の部位で、赤身と脂身のバランスがよくてきめが細かく高密度なので、肉自体の風味を最も堪能できる
 

  • テンダーロインステーキ(ライス付き)200g 1,800円

牛肉の中で最も柔らかい部位で、筋が少なく柔らかい赤身、脂が少なめでマイルドな味わい

<メキシカンランチ>

  • タコス4種(ビーフ、ポーク、チキン、フィッシュ) 900円

タコス4種タコス4種

トウモロコシ粉「マサ」で作った自家製トルティーヤの本格タコス
 

  • シュリンプメキシカンコブサラダ 1,000円

シュリンプメキシカンコブサラダシュリンプメキシカンコブサラダ

海老、スーパーフード「キヌア」、アボカドやオリーブ、野菜など具材たっぷりのサラダを自家製トルティーヤに包んで食べるパワーサラダ
 

  • 牛肉と温野菜・アボカドのブリトー 1,200円

牛肉と温野菜、アボカドのブリトー牛肉と温野菜、アボカドのブリトー

ビーフ、メキシカンライス、温野菜、アボカドをチーズと一緒にトルティーヤに包んだ食べ応えのある一皿
 

  • サラダ・スープ・ドリンクセット +300円

コーヒー、ハマイカティー、マテティー、ティー、コーラ、ジンジャーエール、オレンジジュース、パイナップルジュース、グレープフルーツジュース
 

  • トッピング +100円

パクチー、サルサ、ワカモレ、ハラペーニョ
 

チョコテリーヌ、ベイクドチーズケーキ

<ランチ限定「昼シャン」>

昼シャン昼シャン

シャンパーニュ「ティエノ ブリュット」

グラス 1,180円→ 980円

 

スパークリングワイン「ヴィニャ アルバリ ブリュット」
グラス 600円→ 480円

※すべて税抜

※写真はイメージ

参考資料

【TOROとは】


世界8 カ国約50 店舗のメキシカンをはじめとするラテンレストランを展開し、アメリカで「メキシコ料理の父」と呼ばれるオーナーシェフ リチャード・サンドバル氏プロデュースのラテンレストラン、日本1 号店。サンドバル氏のレストランは、それぞれのメニューがユニークで、本物のラテンの素材をインターナショナルで独創的な調理の技術に結びつけ、今まで想像したこともないラテン料理の体験、新たなラテン料理との出会いを多くのファンに提供しています。

【TORO TOKYO】

内観1内観1

オープン日: 2014年12月10日
住所: 東京都中央区銀座6-2先 銀座コリドー街
TEL: 03-6274-6361
営業時間:ランチ11:00~14:30(LO14:30) ディナー14:30~20:00
      (LO フード・アルコール19:00 / ソフトドリンク19:30)
※新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府及び一都三県の要請を踏まえた1月8日からの営業時間、今後も変更の可能性がありますので、詳細は店舗にお問い合わせください

店休日: 不定休

店舗面積: 約114坪(約376.86㎡)
席数: 1F 92席 / 2F 68席

【会社概要】

会社名:株式会社 ミールワークス

代表者: 代表取締役社長 小島 一生

本社所在地:東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング14F

設立日:1992 年4 月30 日

業務内容:日本国内でのマンゴツリー、カオマンガイキッチン、ダンシングクラブ、トロ、天よしなどを運営

URL:https://www.mealworks.co.jp/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button