ライフスタイル

AMEXとダイナースどちらが良い?特徴、導入店舗数、主なカードを比較 | クレジットカードコラム | 金融・投資メディアHEDGE GUIDE

アメックスカードとダイナースクラブカードは、それぞれコンセプトなどに違いのあるクレジットカードです。アメックスカードは旅行や空港特典などが多く、ダイナースクラブカードは食事やエンターテイメント特典に力を入れています。

そこでこの記事ではアメックスカードとダイナースクラブカードの優待サービスや特典、基本機能などを比較紹介していきます。アメックスカードとダイナースクラブカードを検討している方や両者の違いが気になる方などは、参考にしてみてください。

※この記事は2021年4月7日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. アメックスとダイナースの基本情報を比較
    1-1.年会費
    1-2.申込条件
    1-3.ポイントサービスと還元率
    1-4.対応マイル
    1-5.導入店舗数
  2. アメックスとダイナースの優待サービスや特典を比較
    2-1.食事の優待サービスはダイナースの方が多い
    2-2.旅行特典は用途によって使いやすいカードが異なる
    2-3.付帯保険に大きな違いはない
    2-4.空港特典に強みのあるカード
    2-5.エンターテイメント特典はダイナースクラブカードが多い
  3. まとめ

1.アメックスとダイナースの基本情報を比較

アメックスカード(American Expressカード)は、アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会社が発行しているクレジットカードです。普通カードをはじめゴールドカードやプラチナカード、ANAなどの航空会社やマリオットなど様々な事業者との提携カードなどがあります。

一方、ダイナースクラブカードは、三井住友トラストクラブ株式会社が発行しているクレジットカードです。プラチナカードに相当するプレミアムカードをはじめ、航空会社や和光、BMWなどとの提携カードもあります。

それでは、アメックスカードとダイナースクラブカードの基本情報を確認していきましょう。

1-1.年会費

アメックスカードの年会費は、7,700円(税込)の「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」や13,200円(税込)の普通カード、165,000円(税込)「ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」など各カードで大きく異なっているのが特徴です。

一方、ダイナースクラブカードは、年会費143,000円(税込)の「ダイナースクラブ プレミアムカード」以外は25,000円前後で設定されていてシンプルな価格設定といえます。普通カードの「ダイナースクラブカード」は、同カードの中で最も安い年会費24,200円(税込)です。

年会費の安いカードは、普通カードで比較すると「アメリカン・エキスプレス・カード」です。ただし、家族会員の年会費は、「ダイナースクラブカード」の方が安く設定されています。

「アメリカン・エキスプレス・カード」の家族会員は、1枚につき年会費6,600円(税込)で、「ダイナースクラブカード」は1枚につき5,500円(税込)です。

項目 アメックスカード ダイナースクラブカード
本会員 7,700円(税込)~165,000円(税込) 24,200円(税込)~143,000円(税込)
家族会員 無料~19,250円(税込) 無料~9,900円(税込)

アメックスカードは、予算の都合から年会費を1万円前後に抑えなければいけない場合にも、発行しやすいカードといえます。一方、ダイナースクラブカードは、2万円以上の予算を確保できる場合に発行できるカードです。

1-2.申込条件

27歳未満の方も申し込めるクレジットカードは、アメックスカードです。アメックスカードの申込条件に関しては、年齢を明記していないので20代前半の方も申し込むことは可能です。ダイナースクラブカードの場合は、27歳以上であれば申し込むことができます。

申込審査の要件に関しては、各社非公開となっています。また、利用可能枠の上限も公開していませんので、正確に比較検討できない部分です。

1-3.ポイントサービスと還元率

アメックスカードとダイナースクラブカードでは、ポイントサービスを利用できます。各ポイントは、カード利用やボーナスポイントなどで貯めることができ、公共料金をカードで支払った場合などにも貯まります。

ポイントの有効期限は、アメックスカードとダイナースクラブカードで異なります。ダイナースクラブカードのポイント有効期限は、条件なしで無期限となっています。

一方アメックスカードは、1度でもポイント交換もしくはメンバーシップ・リワード・プラスへの登録を行うことで無期限となります。メンバーシップ・リワード・プラスとは、ポイントサービスをグレードアップできる追加プログラムのことです。ポイントの有効期限以外には、ポイント還元率アップなどといったサービスを受けることができます。

ポイントの有効期限が気になる方にとっては、ダイナースクラブカードの方が使いやすいといえます。

ボーナスポイントは、アメックスカードの方が強みを持っています。たとえば2021年3月に発行された新カード「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」は、入会特典で合計最大75,000ポイント獲得可能です。一方ダイナースクラブカードは、アメックスカードと比較してボーナスポイント数は少ない傾向です(2021年4月7日時点の情報)。

カード利用によるポイント還元率は、アメックスカード0.5%~5%、ダイナースクラブカード0.5%~2%です。アメックスカードのポイント還元率5%は、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」でのカード利用時に適用されます。

ダイナースクラブカードのポイント還元率を2%に上げるためには、「ニューオータニクラブ ダイナースカード」でニューオータニ直営店にてカード利用する必要があります。

「ニューオータニクラブ ダイナースカード」以外のダイナースクラブカードを選択した場合は、アメックスカードのポイント還元率と同一です。

ポイントの交換先については、以下の違いがあります。

項目 アメックスカード ダイナースクラブカード
ポイントの交換先 ・カード利用代金に活用
・商品、商品券、クーポン券に交換
・ANA、JALマイルへ移行
・提携航空パートナーマイルへ移行
・楽天ポイント、Tポイント、提携ホテルなどのポイントサービスへ移行
カード利用代金に活用
・商品、商品券、クーポン券に交換
・ANA、JALマイルへ移行
・提携航空パートナーマイルへ移行
・楽天ポイント、Tポイント、ANASKYコインなどのポイントサービスへ移行
・スターバックス カード チャージ
提携カード独自の交換先 「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」
・ヒルトン・ポートフォリオ内の対象ホテルなどで利用可能
「ANAダイナースカード」
・ANASKYコインへ交換可能
「BMW ダイナースカード
・BMWオリジナルグッズと交換可能

アメックスカードとダイナースクラブカードで、ポイント交換先に関する大きな違いはありません。細かな違いは、スターバックス カード チャージ、ギフト券や商品の種類などといった点です。

1-4.対応マイルとボーナスマイル

アメックスカードとダイナースクラブカードでは、フライトマイルの他、ポイント移行やボーナスマイル特典などの活用でマイルを獲得できます。マイルの還元率に関しては、提携カードによって異なりますがアメックスカード1~2%、ダイナースクラブカード1~1.5%です。

マイルの種類は、航空会社提携カードか非提携カードかどうかで変わります。アメックスカードは、「アメリカン・エキスプレス・カード(普通カード)」や「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」といった航空会社提携カード以外であれば、ポイント移行でANAマイルやJALマイル、スカイマイルなどさまざまなマイルを獲得可能です。

「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」や「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」などの航空会社提携カードは、提携会社のマイルのみ活用できます。

このような仕組みはダイナースクラブカードも同様です。マイルを重視している方は、アメックスカードとダイナースクラブカードの航空会社提携カードに注目しながら比較検討してみるのが大切です。

なおボーナスマイルに関しては、航空会社提携カードで獲得できます。入会、継続ボーナスマイル数は、アメックスカードとダイナースクラブカードどちらも最大10,000マイルです(2021年4月7日時点の情報)。

1-5.導入店舗数

アメックスカードとダイナースクラブカードで、導入店舗数に関する正確な数字は確認できません。両ブランドともJCBと提携しており、利用できる店舗数は増えています。

2.アメックスとダイナースの優待サービスや特典を比較

アメックスカードは旅行や空港特典が多い傾向で、ダイナースクラブカードは旅行以外にも食事やエンターテイメント特典に関して強みを持っています。

続いては、アメックスカードとダイナースクラブカードの優待サービス、特典を比較していきます。

2-1.食事の優待サービスはダイナースの方が多い

料亭や高級レストランの割引といった食事関連の優待サービスは、ダイナースクラブカードに数多く追加されています。たとえば「ダイナースクラブカード(普通カード)」や「ダイナースクラブ プレミアムカード」、「ダイナースクラブ ビジネスカード」などでは、以下の「グルメ特典」を利用できます。

優待サービス名 内容
エグゼクティブ ダイニング 対象のレストラン利用時、1名分のコース料理代金を無料
ごほうび予約 レストランの予約サービス、店内での飲食とイートインを選択できる
ごひいき予約.com 人気店のキャンセル情報をダイナースクラブ公式アプリやメールで案内
Wishダイニング 予約の取りにくい人気店をダイナースクラブが予約代行
「ビフテキのカワムラ」からの特別優待 「ビフテキのカワムラ」利用の際に、ソフトドリンク1杯無料サービスや牛肉の佃煮を貰える
「ひらまつ」からの特別優待 「ひらまつ」の個室無料利用サービス、飲食代金10%割引といった優待を受けられる
料亭プラン 高級料亭の予約代行サービス
ナイト イン 銀座 銀座のバーや高級クラブ利用料金割引、ウェルカムドリンクサービス
デュカス・パリとのパートナーシップ 「ベージュ アラン・デュカス 東京」、「ビストロ ブノワ」の限定優待を受けられる

高級料亭やレストラン、銀座の高級クラブなどへ足を運ぶ方は、ダイナースクラブカードを検討してみてはいかがでしょうか。

2-2.旅行や空港特典はアメックスの方が利用しやすい

現地の都市情報や観光案内、トラベルデスク、空港サービス関連の特典は、アメックスカードに強みがあります。アメックスカードでは、「アメリカン・エキスプレス・カード(普通カード)」でも10種類以上の空港、旅行特典を利用可能です。

特典名 内容
「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」 会員専用のオンライン旅行予約サイト
100円につき2ポイント貯まる
「旅・Fun」 提携旅行予約サイトでの予約料金割引
・Expedia
・アップルワールド.com
・一休.com
HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク ツアーやクルーズ、航空券、レンタカーの予約代行サービスを利用できる
空港ラウンジ 国内28ヶ所、海外1ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できる
※利用の際は当日の搭乗券とカードをカウンターで提示
プライオリティ・パス ラウンジサービスのプライオリティ・パスを年会費無料で利用できる
※プライオリティ・パス:国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる
手荷物無料宅配サービス 海外旅行時に指定サイズ以下の手荷物を自宅~空港まで無料配送
大型手荷物宅配優待特典 自転車などといった大型手荷物の預かりサービスを、1,000円割引
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発、帰国時に指定エリア~空港間を送迎してくれる提携タクシーの利用料金割引
空港パーキング 指定空港周辺にあるパーキング利用料金を割引
無料ポーターサービス 指定エリアから空港のチェックインカウンター、空港から指定エリアまでスタッフが荷物を無料で運んでくれる
空港クロークサービス 空港内手荷物預かり所へ無料で荷物を預けることができる
グローバル・ホットライン 海外旅行時に施設案内や紹介を日本語でサポートしてくれる
※無料のコレクトコール
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話の利用料金割引
レンタカーの国内利用 指定レンタカー会社の利用料金割引

他にも「プラチナ・カード」の無料宿泊券プレゼントサービスやプライオリティ・パスを含むラウンジサービスの無料利用特典、「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」のANA FESTAや免税店の割引、無料宿泊券など、独自の優待サービスを受けられます。

また、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)のレストランやバーを利用したい場合は、アメックスカードの「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」でゴールド会員資格を得ることができます。また、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)のレストランやバー15%割引といったサービスも受けられます。他にもホテルチェーンの優待会員資格を取得できる提携カードが数種類あります。

ダイナースクラブカード(普通カード)も旅行や空港特典があるものの、空港ラウンジの無料利用サービスやトラベルデスク、レンタカーの利用料金割引など含め6種類程度と少ない内容です。旅行好きな方や快適な旅行を望んでいる方は、アメックスカードもしくはダイナースクラブカードの航空会社提携カードから検討した方がいい場合もあります。

2-3.付帯保険の種類に大きな違いはない

アメックスカードとダイナースクラブカードどちらにも旅行保険が付帯されているので、旅行や出張の多い方にも利用しやすいカードといえます。

補償額という点では、ダイナースクラブカードの方がコストパフォーマンス面でメリットがあります。たとえば、「ダイナースクラブカード(普通カード)」の傷害死亡・後遺障害補償額は、条件付きの1億円で「アメリカン・エキスプレス・カード」の2倍です。

一方、旅行保険の内容は、カードによって補償額や種類に細かな違いが生じている場合もあり、状況に応じてメリット、デメリットは変わります。たとえば海外もしくは国内旅行傷害保険のみ付帯しているカードもありますし、2種類の旅行保険を付帯しているカードもあります。また、補償額の上限引き上げに関して条件を設けているカードもあるので、保険の規定を確認した上で検討するのが大切です。

2-4.エンターテイメント特典はダイナースクラブカードが多い

ショッピングやエンターテイメント特典は、アメックスカードよりもダイナースクラブカードの方がバリエーションは豊富といえます。アメックスカードの特典や優待サービスは、旅行や宿泊、空港が中心です。

一方ダイナースクラブカードのエンターテイメント特典は、大丸松坂屋オンラインショッピングで利用できるクーポンコードをはじめ、コナミスポーツクラブやINSPAグループの優待特典、演劇やコンサートチケットの案内情報、乗馬体験、保険のコンサルティングサービスなど、日常生活に役立つ内容が多数追加されています。

なお、アメックスカードの中でショッピング特典の多いカードは、「ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード」です。「ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード」は、阪急百貨店と阪神百貨店で利用ポイント付与、駐車無料サービス、阪急メンズ大阪ラウンジの利用チケット付与など、阪急阪神グループを利用している方にもメリットがあります。

まとめ

アメックスカードは、旅行や宿泊、空港ラウンジや航空会社のサービスに関する優待特典などを数多く用意しています。一方ダイナースクラブカードは、食事やエンターテイメント特典に力を入れています。

旅行や食事、空港ラウンジなど特定のサービスに特化したカードを探している方やアメックスとダイナースクラブに関心を持っている方は、今回紹介した特徴も踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。

菊地 祥

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button